ワキガ対策の方法をもっと早く知っていればと後悔しないために

私はワキガに悩んでいますが、実は、中学生の頃から匂いが気になりはじめそれから数十年悩み続けてきました。市販品の消臭剤を使ってきましたが効果なし。ワキガ対策の方法について紹介します。

ワキガに気づいたのは中学生の頃でした

私の匂いがワキガだと気づいたのは大人になってから

私は中学生の頃からワキガに悩んできました。

でも中学生の頃はワキガだと気づかず、汗が臭い、汗が臭う、特に脇の下の汗が臭いと思っていました。

中学生の頃はクラスのみんなが、男女ともに汗臭かったですし、体操着で授業を受けることもあったので
汗の匂いに敏感ではなかったと思います。

部活動が終わったあとも、汗をかいた体育着のまま帰宅してご飯を食べるという生活をしていたので

「お前は汗臭い!」と母に言われて

「お姉ちゃんは汗の匂いがする」と小学生の妹から言われたものです。

ある日の事、私の体操着を洗って干してくれた母が

「お前、ワキガって知ってるかい?」

と聞いて来たのです。

え?と聞き返すと

「このシャツ見てごらん。脇の下が黄色くなってるよね。これはワキガの人の汗なんだよ」

ショックを受けた私。

ワキガの匂いや辛さはよく知らなかったのですが、
病気のひとつなのかなと思って、それからずっとコンプレックスだったんです。

高校生活でも人一倍汗に気遣い、大学生活も自宅から通っていたのですが
朝のシャワーはかかしたことはありませんでした。

そして社会人になって、会社に電車で通勤するようになりました。

「なに、この匂い!」
「たまらない、ここから逃げ出したい」

車内で漂う匂いに、乗客がざわついています。

「え、私のこと?」

とキョロキョロしていると
匂いの元は若いOLさんだったのです。


ワキガの人は自分で気づかないのかな、まわりが迷惑だよね」

という若い女性たち。

「息がつまりそう」

とまで言っていました。

若いOLさんは、キレイな方でした。
でも、匂いのせいか、まわりから人が離れていました。

半袖のブラウスということもあるのでしょう。
会社帰りなので汗をかいていたのかも知れません。

私が本物のワキガに出会ったのはこの日でした。

それから、自分のワキガがとても怖くなりました。

 

ワキガ対策クリームを使ってみた


ワキガは汗を多くかくことが原因だということはうっすらと気づいていました。

しかし、同じくらい汗をかいても、臭う人と臭わない人がいることについては
あまり知りませんでした。

そこで、ネットで調べて見ると、「アポクリン汗腺」について知りました。
「アポクリン汗腺」と雑菌の関係についても知りました。

大きなドラッグストアに行きました。

マツキヨなどのドラッグストアに行くと、ワキガ対策コーナーがあって
色んな商品がならんでいました。

小さなリーフレットも置いてありましたが
私はそこで、リーフレットを手にすることが出来ませんでした。

そのリーフレットを手にしたら、私が「ワキガで悩んでいる人」だと
バレてしまうからです。

誰が見ているかもわからないし、レジで他の商品と一緒に購入する時に
誰に見られるかも知れません。

とても恥ずかしい気持ちになりました。
 

ワキガの消臭剤をスマホで購入出来ないかな

とてもドラッグストアで買う勇気はありませんでした。

勇気があれば、買う時に薬剤師さんにいろいろ相談できたのですが
私の前にいるお客さんは、薬剤師さんに「クンクン」してもらっていたのです。

そして、ニオイが強い、弱いという判断をしてもらって、エイトフォーとか
市販のスプレーを紹介してもらていました。

薬剤師さんは女性でしたが、ものすごく抵抗がありました。
他人にワキガのニオイを嗅いでもらうなんて。

家族や彼氏や他人に知られれずにワキガ対策をしようと思ったら
スマホで調べるしかありせん。



スマホでワキガを調べていくと、人気の商品に出会いました。

それが消臭剤クリームです。

2015年に発売されてリピーターが続出で
新規ユーザーも増えている!

これって、エイトフォーとかと何が違うんだろう。

そう思いました。

ネットで売っている商品は何でこんなに効果があるのか?


ネットで販売している消臭クリームってこんなに効果があるのに
なぜ、ドラッグストアで売っていないのかとても不思議です。

逆に、効果があるけどドラッグストアで売っていないものもたくさんあることに気づきました。

ワキガ対策クリームの他にも、足の臭いやデリケードゾーンの臭いも気になるので
いろいろと探してみたいと思っています。